ホーム > スタッフブログ > 5S・TPM小集団活動 第14ステージについて

記事の詳細

5S・TPM小集団活動 第14ステージについて

 こんばんは!生産技術部の高橋です。

 

 3/11に東北関東大震災が起き、協立製作所も多大なダメージを受けましたが、皆様方のおかげで無事、復旧しました。高橋論のブログに詳細が記載されていますので、興味がある方は確認してみて下さい。また、東北関東大地震により被災された方々に謹んで心よりお見舞いを申し上げます。

 

 さて、話しを変えたいと思います。先日(3/9)、5S・TPM小集団活動第14ステージの発表会がありました。

 

 今回の入賞チームを紹介します。

 

 ①最優秀賞:個別改善1(10)【押忍!!金太郎総本部】 ⇒ 4連覇達成!

          リーダー:大木 千春

 ②準優秀賞:個別改善2(15)【研磨A】 ⇒ 最優秀賞には届きませんでしたが、準優秀賞2連覇達成!次回こそは・・・

          リーダー:広瀬 洋一

 ③準優秀賞:J-TPM(18)【SG2R】 ⇒ こちらも前回に引続き、準優秀賞2連覇達成!次回こそは・・・。 

         リーダー:山本 夕子

 ④努力賞 :個別改善1(8)【ブラックストーン】 ⇒ 前回に引続き、入賞。そして、順位が1つ上がりました。おめでとう~!

          リーダー:勝沼 加代子

 ⑤努力賞 :品質保全1(9)【HMC班】 ⇒ 入賞おめでとう!

          リーダー:小林 登

 ⑥努力賞 :自主保全(6)【第一研磨B班】 ⇒ 前回に引続き、入賞。

          リーダ:小林 大道

  

 入賞された皆さん、おめでとうございます!今回、入賞された6チームをみると、トップ3までは、前回と同じ順位ですね。優秀賞チームが、4連覇という偉業を達成しました。しかも、チームリーダが変わってもチーム内の改善活動が活発に行われていると思います。前回は、品質保全分科会は、入賞できませんでしたが、今回は、入賞しました。チーム内の改善が進んだ証ではないでしょうか。この勢いで、第15ステージも皆さんの力で協立製作所をよくしていきましょう!

 

 各チームリーダ皆さん、お疲れ様でした。

 

 今回の分科会の最優秀と準優秀分科会は、下記になります。

 

 ①最優秀分科会:個別改善1分科会 ⇒ 分科会長:瀬畠 一紀 3連覇達成!

 ②準優秀分科会:J-TPM分科会 ⇒ 分科会長:尾竹 和彦 初タイトルになります。おめでとうございます。

 

 前回と同様、最優秀分科会は変わらず、しかし、準優秀分科会に名乗りを上げたのが、J-TPM分科会になります。次回も期待していきましょう!

 

  では、最後になりますが、分科会長の皆さんお疲れ様でした。

前の記事へ一覧へ戻る次の記事へ

最近のエントリー

カレンダー

月別に見る

カテゴリ

協立製作所がつくっている「油圧」部品ってなに?